2009年11月15日日曜日

【12月4日(金)】講演会「社会は"性"の枠にはまっている!?」のお知らせ

 学生震災救援隊が企画する秋の連続講演会「自立とは何か」の第2回として行われる「社会は"性"の枠にはまっている!?~"性"にとらわれない生き方へ~」についてのお知らせです。

 「男性」の身体で生まれ、自分の性に違和感を持ち、「女性」として生きる道を選んだ佐倉智美さんをお招きしてご講演いただきます。

■日時:2009年12月4日17:30から19:30まで

■場所:神戸大学国際文化学部B101教室

■主催:学生震災救援隊(共催:神戸大学都市安全研究センター 学生ボランティア支援室、神戸大学総合ボランティアセンター)

■参加費:不要

■事前申込:不要

■お問い合わせ先:
tel:078-881-4755(学生震災救援隊)、
tel:078-803-6256 email:svs@port.kobe-u.ac.jp(学生ボランティア支援室 担当・藤室)

■備考:終了後、休養室にて懇親会があります。会費1000円程度を予定しています。

■講師の佐倉智美さんプロフィール:1964年生まれ。1997年に自らの"性同一性障害"を確信し、社会的・文化的性別を「女」へと転換。NPO法人「SEAN」理事。著書に『性同一性障害はオモシロイ―性別って変えられるんだョ』『女が少年だったころ―ある性同一性障害者の少年時代』『女子高生になれなかった少年―ある性同一性障害者の青春時代』『性同一性障害の社会学』等がある。)参考URL:http://homepage3.nifty.com/tomorine3908/mermaid.top.htm

0 件のコメント:

コメントを投稿