2010年1月18日月曜日

第13回 神戸大学ボランティア講座 受講生募集

神戸大学では、2月から3月にかけて行われる「ボランティア講座」の参加者を募集しています。

阪神・淡路大震災を契機に高まったボランティア活動をより活発なものにすることを目ざし、神戸大学では毎年、学生を対象としたボランティア講座を実施しています。

講座は、一日かけて行われる講義(講義及びパネル討論)と、3-4日間の体験実習によって構成されます。

■主催:神戸大学
■協力:神戸大学学生震災救援隊、神戸大学総合ボランティアセンター
■定員:60名
■お問い合わせ:神戸大学学務部学生生活課学生相談係(藤原)
 電話:078-803-5227  FAX:078-803-5209  メール:fyy@people.kobe-u.ac.jp



【講義】

日時:2010年2月21日(日)10:30から16:15まで
場所:神戸大学滝川記念学術交流会館(文学部・農学部の近くです)
内容:

10:00 開講

10:30~ 講義「自立とは何か」 講師:伊田広行(立命館大学非常勤講師)
・・・現代の社会に潜む問題、課題、そして「自立」のあり方について考えます。

13:30~ パネル討論「自立を問い直す―生き難い社会の中で」
パネリスト:「子ども・若者」「移住外国人」「野宿者」「被災地・被災者」「しょうがい者」の各分野より1名ずつ(計5名)

司会:藤室玲治(神戸大学都市安全研究センター 学生ボランティア支援室コーディネーター)
・・・異なる分野で活動する5人のパネリストが、その分野で出会う相手にとっての「自立」とは何か、自分たちの「自立」した生き方とは何かを討論し、より良い「自立」を可能とする社会のあり方を考えます。

備考:受講無料・講義のみの受講可



【体験実習】

日時:2010年2月23日(火)~3月16日(火)のうちの、3-4日間
参加資格:神戸大学生のみ

分野:「子ども・若者」「移住外国人」「野宿者」「被災地・被災者」「しょうがい者」の5分野のうち、一つを選択し、3-4日間の体験実習を行います。通所の実習には交通費の補助があります。宿泊のある実習は、交通費・宿泊費無料です。体験実習後に意見交換会(2010年3月18日(木)10時~17時、神戸大学国際文化学部M202教室)を行い、実習内容を共有します。



■申し込みについて
【募集要項の入手】
募集要項は、学生センター、学生ボランティア支援室、各学部教務学生担当係または以下のURLからダウンロードし、入手することができます。
募集要項:http://www.org.kobe-u.ac.jp/svsc/2009vs_bosyu.pdf

■申し込み先
募集要項を熟読の上、学生センター、学生ボランティア支援室、各学部教務学生担当係までお申し込み下さい。

■応募締め切り
2010年2月10日(水)(※ただし、定員の60名に達し次第、募集を締め切ります。)

0 件のコメント:

コメントを投稿