2010年8月11日水曜日

2010年度夏季実践塾 ・野宿者問題編(大阪府大阪市) の参加者募集(8月19日まで)

神戸大学学生ボランティア支援室では、学生が社会問題を実地に学び、その解決方法について考えるために体験実習 「地域に根差し人に学ぶ実践塾」を実施します。
2010年度夏季実践塾のうち、テーマ (2) 野宿者問題編(大阪府大阪市) について参加者を募集中です。8月6日(金)を〆切としていましたが、定員に達しないため、8月19日(木)まで〆切を延長して参加者を募集します。

今回の「大阪における野宿と貧困の問題」は、大阪の野宿者問題から見える、貧困や労働、福祉の問題について学ぶことを目的としています。テント村で野宿している人との交流、ビッグイシュー日本の事務所訪問、日本最大の日雇い労働者のまち・釜ヶ崎の歴史と現状を学ぶフィールドワークを通して、大阪の野宿の問題を多角的にとらえます。

■テーマ (2) 「大阪における野宿と貧困の問題」
■日程: 2010年8月31日 (火) ~9月3日 (金) ※部分参加可能
■定員: 15名
■申込締切: 8月19日 (木) 17時 ただし定員に達し次第、締め切ります
■参加費:宿泊費無料。交通費・食費は実費必要。
■申込方法:
下記URLよりダウンロードできる「募集要項」を参照の上、 「参加申込書」にご記入下さい。その上で、 (1) svs@port.kobe-u. ac.jpまで申込書を添付してメールを送る、 (2) 学生ボランティア支援室か学生センター学生相談係まで申込用紙を持参する、のどちらかの方法で申し込み下さい。
■ダウンロード:
「募集要項」: http://www.org.kobe-u.ac.jp/svsc/doc/2010bosyu.pdf
「申込書」: http://www.org.kobe-u.ac.jp/svsc/doc/2010moshikomi.doc
■問い合わせ先:
学生ボランティア支援室 (078-803-6256)
E-mail: svs@port.kobe-u. ac.jp
※メールアドレスの一部 (ac.jp の前など) には、メールアドレス収集ロボット対策として半角スペースが挿入されております。メールアドレスご使用の際には、適宜修正願います。

0 件のコメント:

コメントを投稿