2010年8月6日金曜日

2010年度夏季実践塾 (災害被災地編「新潟県・中越地方」)の参加者募集(8月19日まで)

神戸大学学生ボランティア支援室では、学生が社会問題を実地に学び、その解決方法について考えるために体験実習 「地域に根差し人に学ぶ実践塾」を実施します。
2010年度夏季実践塾のうち、テーマ (3) 災害被災地編(新潟県・中越) について参加者を募集中です。8月6日(金)を〆切としていましたが、定員に達しないため、8月19日(木)まで〆切を延長して参加者を募集します。
2004年10月の中越地震、2007年7月の中越沖地震の被災地である新潟県・中越地方では、2つの大震災からの復興過程で、復興前からの地域の課題――中山間地で過疎高齢化がすすむ集落の支援、地方都市の商店街振興など――に向き合わざるを得ませんでした。そして中越が向き合っている課題は、現在の日本の地方全体に突き付けられている課題です。低成長時代の今、「復興」のためには従来の経済成長とは異なる種類の「豊かさ」を地域に見つけ出すことが必要とされています。
今回、中越沖地震で大きな被害を受けた柏崎市と、中山間地の集落を訪れ、2つの震災がつきつけた課題と住民や行政の取り組み、そこから問い直された「豊かさ」の意味について学びます。

■テーマ (3) 「中越地震と中越沖地震に学ぶ 「復興」と「豊かさ」を問い直す」
■日程:
2010年9月6日 (月) ~9月9日 (木)  (貸切バスで移動)
■定員:
15名
■申込締切:
8月19日 (木) 17時 ただし定員に達し次第、締め切ります
■参加費:
参加費・交通費・宿泊費無料。食費のみ実費必要。
■申込方法:
下記URLよりダウンロードできる「募集要項」を参照の上、 「参加申込書」にご記入下さい。その上で、 (1) svs@port.kobe-u. ac.jpまで申込書を添付してメールを送る、 (2) 学生ボランティア支援室か学生センター学生相談係まで申込用紙を持参する、のどちらかの方法で申し込み下さい。
■ダウンロード:
「募集要項」: http://www.org.kobe-u.ac.jp/svsc/doc/2010bosyu.pdf
「申込書」: http://www.org.kobe-u.ac.jp/svsc/doc/2010moshikomi.doc
■問い合わせ先:
学生ボランティア支援室 (078-803-6256)
E-mail: svs@port.kobe-u. ac.jp
※メールアドレスの一部 (ac.jp の前など) には、メールアドレス収集ロボット対策として半角スペースが挿入されております。メールアドレスご使用の際には、適宜修正願います。

0 件のコメント:

コメントを投稿