2011年3月25日金曜日

現地でのボランティア活動参加を考えているみなさまへ


 東北自動車の車両規制が全面解除され、一般車両でも緊急通行車両標章なしで高速道路通行ができるようになりました。神戸大学の学生みなさんの中にも、この週末に被災現地に赴いて、ボランティア活動に参加しようというご希望の方もおられるのではないかと思います。
ただ現段階では、福島県の原子炉の問題、またガソリン入手などの補給の問題、さらに現地の受け入れ体制の問題などから、学生ボランティア支援室としては現地での学生単独でのボランティア活動については自粛をお願いしています。
なお、現地での活動を検討されている学生のみなさんは、学生ボランティア支援室(svs@port.kobe-u.ac.jp)に必ず事前にご相談下さい。

なお政府の「震災ボランティア連携室長」に就任した湯浅誠氏が、ボランティアベースで運営されているサイト「たすけあいジャパン」(http://www.tasukeaijapan.jp/)に以下を寄稿しています。現地での活動を検討されている学生のみなさんは、必ず内容をご確認下さい。

内閣官房震災ボランティア連携室 連携プロジェクト 3.11救援情報サイト
助け合いジャパン「この週末にボランティア活動参加を考えているみなさまへ」

神戸大学学生ボランティア支援室